保育士を目指すなら専門学校か大学どちらを選ぶべきか

subpage1

待機児童や夫婦共働きなど、これから先も需要が多く見込まれている保育士資格を取得したいとお考えの方も多いと思います。

大きく分けて保育士になるには、厚生労働大臣の指定した養成施設を卒業する方法と、国家試験を受験して合格する二つに分かれます。

保育士専門学校の情報が満載です。

多くの方は大学に行くか専門学校に通う選択をすると思いますが、では実際に大学と専門学校の違いとは何なのでしょう。

大学も四年間通うものと二年間の短期大学に分かれます。

後者の短期大学と専門学校の二年制では、あまり大きな違いはありません。

二年間と四年間ではやはり大きくカリキュラムが変わってきます。四年制の大学では、保育士を目指すほか付随する多くの知識と教養を学ぶことができます。

Yahoo!ニュースの情報を知りたい方必見です。

これに対して、専門学校の二年制では、半分の期間になりますのでカリキュラムはタイトになる一方で保育士に関わることに対してシンプルに専門的に学べるため、早く保育士資格を取りたい方、就職をしたい方には向いているでしょう。

費用に関しても四年制の大学に通うと400万円ほどかかるのに対し、二年生の専門学校では200万円程度と抑えられます。

これに加え、夜間のカリキュラムを組む学校もあり、別の業種ですでに働いている方がこれから保育園で働きたいという場合にも活用できます。



転職の際にも資格を取得しておくと優位になりますのでこれからぜひ短期間にチャレンジしてみたい方にはおすすめの選択です。複数の学校の資料取り寄せて自分に合ったカリキュラムなど選択して資格取得を目指してください。