水漏れ修理を自分でしよう

静岡市の水漏れ水道工事について

静岡市は静岡県中部にある人口約70万人の政令指定都市です。市域の80%は森林で、海側の平野部に人口が集中しているため、非常に高密度な都市となっています。静岡市内には、新日本三景に一つで富士山の構成資産として世界遺産に登録されている三保の松原や、観光地百選第一位に選出された日本平など見所のある観光地も多く存在しています。静岡市内の水道に関するトラブルでは、水漏れや詰まりが多く見られます。

水漏れは新築から10年程度経過すると、どこでも起こり得るものです。古い家ではいつ起こっても不思議ではありません。多くの場合は蛇口や水道管のつなぎ目などに使われているパッキンの劣化が原因で、パッキンを新しい物に交換することで水漏れは止まります。レンチがあれば、自分で工事することも可能です。

電球が切れたら自分で交換するように、パッキンの交換程度は自分でできるようにしたいものです。ただ、蛇口の種類や取り付け方法によっては、分解するのが難しい場合があります。また何が原因で水漏れが発生しているのかよく分からないような場合もあります。そのようなときは無理をせず、水道工事会社に連絡をして工事を依頼すると良いでしょう。

24時間365日営業している会社も少なくありません。蛇口からの水漏れの場合は、最初は滴が垂れる程度ですが、そのまま放置しているとだんだんと量が増えてきます。滴程度でも半日でバケツ一杯程度の量になるので、できるだけ早く工事することをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *