水漏れ修理を自分でしよう

洗面台の水漏れトラブルを自分で修理

洗面台の水漏れトラブルの原因はかなり限られていて、排水パイプや蛇口、洗面ボウルからがほとんどです。

自分で修理を行いたい時には、これらの箇所への対処法をマスターしておくと、いざという時でも慌てません。あらかじめ必要なものを揃えておくと更に安心ですので、古くなってきて水漏れトラブルが発生しやすい箇所を見つけたら、必要なものを準備しておきましょう。共通して必要になるのは手袋であり、作業中に手を守るために必要です。排水パイプは経年劣化によって破損することがありますし、蛇口も同様です。本体の交換以外なら修理することができ、多くはパッキンを交換することで解決できます。

パッキンは市販されていますので、入手が難しいということもありません。ごくまれにではありますがホームセンターに売っていないケースもあり、その場合はメーカー直販サイトから購入可能です。また、ナットが緩んでいるだけの水漏れトラブルもあるため、最初に手を付けるのはナットを締め直すことからでも良いかもしれません。モンキーレンチさえあれば、特に準備もなく行えます。洗面ボウルの修理では、補修材が活躍します。ボウルの素材によって使うべき補修材が異なりますので、自宅のボウルに合ったものを購入しましょう。ヒビが入っている部分にきちんと押し込むように塗ることが重要であり、終わったら厚紙でならすと平らになります。万が一凸凹してしまったら、耐水ペーパーでこすれば滑らかになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *